FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■こみっくまーけっと84

コミックマーケット84お疲れ様でした。

なにこの暑さ!青葉溶けるんですけど
あおばのぼうぎょりょくがぐーんとあがった
ああ防御力ってそういう…

今回もつたないSSですがご賞味いただければ。
あれだよ?夕凪のまほうでTSしちゃったお兄ちゃんに
麗がオロオロしながらもキャッキャしちゃうSS書くつもりだったんだよ?

あれ?なんで?
なんでTL兄とヒカルってそわそわしてるの?

って思ったけど気にしない方がいいです。
ヒカルかわいいです。
こう…ヒカルの恥じらう姿がいいです。
かわいい服が似合うのもその容姿とその恥じらいがあるからです。

よね。


ということで今回のをうpですにゃぁ。




ヒカルと!かわいい服で!お出かけだ!!


【カワイイ服と代償と愛情と】

「女の子の園」と言っても過言ではない我が家
カワイイ服はたくさんある。
―――だが…
「だからってなんで俺がこんな事に!!!!」
これは想定外の現実。
「はっぴーらっきーはねむーん!おにぃちゃんが女の子になっちゃえー☆☆☆」
夕凪の唱えた魔法が本当に効いてしまうなんて…

夏休み。
学生は勤しむ夏休みの宿題を背に眩しい日差しに目を覚ます。
「ふわぁあ んんーっ」
あくびと背伸び、今日も暑くなるのだろうか?
寝起きから湿気のジメジメと少し高い外気
…さっぱりしようと洗面所へ。
「…ん?」
鏡に映る自分。
いや今洗面所には俺しか居ないはず。
なのに…
「なんで胸があるんだよ!!!!?」
自分の身体を触っても確認するが…
「…なんか…やーらけ…」
"じゃないそうじゃない"と頭を降る。
「どういうことだってばよ!!」
……・・・? もしかして下も…
トイレに駆け込む
そして真っ青。
「ええええええええええええええええええええ?」
「あらあら朝から我が弟くんは騒がしいわね~」
トイレから出てきたところをポコンと新聞で叩かれる。
「あ、海晴姉さん…」
「…どうしたのかなー?カワイイオトウトクンがカワイイオンナノコになっちゃったとk…」
「……ハイ…ソウデス」と、なぜかカタコトでの返事。

【キンキュー家族会議だヨー!!】

――なぜこんな事態に…
魔女裁判にでも掛けられるんじゃないかと思うような
立夏の開始の号令で始まる家族会議
もちろん議題は… 俺の事なんだろうけど
「オニーチャンがオネーチャンに成ったらなんて呼べばいいチャオ?」
「それはもちろん陽ちゃんですよー…?ね?おうj…お姫様v」
「よかったな、オマエが女の子みたいな名前で(モグモグ」
「おねにーちゃん?」
みな好き勝手に…言われて…
ふと視線を感じ目をやるとそこに
「下僕のくせに生意気な胸の大きさ…!なんなのよあんたは!!!」
「うふふ、おにーちゃんがカワイイ女の子になったのでしたら
 カワイイ服を着てもらわないとですね☆ホタがんばっちゃいます。」

…そして始まるのが…
「おにーちゃんこれ着てー」
「やっぱりオンナノコならミニスカだヨ!」
わいわいと俺に着せたい服を選んでく姉妹たち。

そうか、夏休みの間ずっとこんな感じなのかな…

ほんやり考えてると
「さぁおにいちゃんvおきがえましょうねー☆」
るんるんホタに連れてかれる
…なるようにしかならない… のかな。

――――でって。

「という薄い本を考えたけどどうかな?お兄ちゃん?」
「これは…薄い本どころかペーパーあたりですんじゃうんじゃないかな?」
「そっかー… こんなにかわいいのになぁ」
いやいやいや、本の中であろうが外であろうが現状は変わらないのである。
はて、どこかで既視感が… と思ったら奥でガタガタと小刻みに震えてるヒカルの姿…
ああ、ヒカルも以前にこういうことあったよなと思い出す。

ヒカルはかわいい服というのに比較的無縁にしているが
容姿はしっかりしているのでかわいい服を着せて似合わないわけがない
あ…!

僕は蛍にそっと耳打ちをする。
「それはいいアイディアですね」
これ以上ないという満面の笑みを浮かべながら小さい声で応答する。
「楽しみにしているよホタ」
「任せてください。えへへーv」

【宴は終わらなかった】

一夜明けても僕の体は戻っていなかった。
そして姉妹たちの反応もいたって普通に戻っていた。
これが日常というか…適応能力のすごさに驚くのは僕だけのようだ。

「ホタ…本当にこれを着なきゃだめなのか?」
恐る恐るホタに確認するヒカル。
「そうですよー?折角お兄ちゃんが選んでくれた服ですから。」
「アイツが…?」
諦めなのか、それとも期待なのか。
ヒカルはそっと渡された服に袖を通す…
「私にはやっぱり似合わないと思うんだよな」
といいつつも口元はすこし緩んできたような気がする…
フルフルと頭をふりつつ着替えて…
「ふふふ。」と上機嫌なホタがそっとヒカルの髪を解いていく
「自分で見て似合う似合わないじゃないんですよ?相手がどう見てくれるか。
 それが大事なんですよ、それにお兄ちゃんが毛嫌いするわけないじゃないですか?
 もっと自信をもって、お兄ちゃんとお出かけ頑張ってくださいね。」
…少しさみしい気もする。

その頃
「今日のカブは値上がりしてないな」
どらやき村の村長であるみぞれはぼそっとつぶやく。
「こっちはじり貧ですから応援はできませんよ?」
そっと3DSを閉じる。
「今週はこんなにカブを買ったというのに。」
どうぶつの森も流行る中、一人カブ廃人と化してる霙姉さん。
全員がしていなくともこの家族の中、誰かが高騰するだろう
そんな大らかというかなんというか…
他のみんなはもっぱらかわいい家具とかかわいい服といったようで
しかしそれを買うにはお金がいるわけで…
と、ある意味霙姉さんの収入減がそういう妹たちへ還元されていると思えば…
陰ながらの姉さんを演じてるとも…もしくは私益か。
そんなことをおもいつつ。
僕はヒカルを待っていた。
ホタに囁いた言葉

「ヒカルも一緒になら、もっとホタのスキな服をきてもいいよ。」

悪魔のささやきか、自虐か、自分でもわからないが見てみたいところも。
たとえヒカルでもホタのあのにこっとした笑みからは逃げることができないだろう
…という計算は当たっていたようだ。
「わぁ☆」
という周りの歓声とともにヒカルが現れる。
その姿にドキッとする。
「さすが…」
という言葉に尽きる。
ヒカルの場合かわいい服を着せるとかわいいというか…綺麗というか…
普段からもっとそういう格好してもいいんだけどなぁ。
ともったいなくともおもう。
今は夏休みで学校はない、となるとこの麗しい姫は――
「何度着ても違和感というか…似合わないよな私は」
何を言っているんだろう?と思いつつも引き寄せ
「毎日そういう格好でもいいんだよ?すごく…似合っているんだから。」
そっと囁く。
そのあとのヒカルの照れる姿もかわいい…というごちそうをいただく。
「さぁ、今度はお兄ちゃんの番ですからねー?」
とホタに催促されつつ…奥へと消えていく…
「ホントお前らは仲がいいというか…まるで夫婦だな…フフフ」

【お出かけ】

「昨日なんだかんだ言ってたわりにお前も結構ノリ良かったんだな」
「開き直りみたいなもんだよ。」
「その結果がこれか…」

二人でデートみたいな感じで今日のお買いもの係になる。
どこからみても仲のいい姉妹…いや恋人なのかもしれない。
「ん?でも…これはこれで楽しいだろ?」
「悪くはないが…その…いつもと違うとだな…」
そっとヒカルの手を握る、いわゆる恋人つなぎ。
「よぉ!ヒカルちゃん!今日はかわいい恰好してるじゃないかおまけしとくよ?どうだい?」
さっそくのお声が。
「あはは、じゃあひとつもらおうかな。」
相変わらずの世渡り上手というか、軽くかわしつつのお買いもの。
僕は荷物係。
そこは普段と変わらない。
変わってほしくなかった。

「なぁヒカル…僕がこんな風になって一番驚いてるのって誰だろう?」
ふと思った疑問を投げかける。
「そりゃ…」
麗だろうか?夕凪だろうか?さくらだろうか…うーんと考えて…
「一番驚いてるはオマエ自身だろ?」
ごもっともな答え。
「私だって驚いてないわけじゃないが…現状のお前は…」
歩みを止める。
「お前が男でなくなったことがさみしい…と思ったりはした…」
「それは…」
「なんだかんだでお前のことは好きだからな」
ヒカルからそういわれるとは思っていなかったが…
「その”好き”は…」
「あーっもう!みなまで言わせるな!」
べしっはたかれる。
精一杯の照れ隠しなのだろうか
勇み足で家路とつく。
「まってよヒカル!」
置いて行かれないように、置いていかれないようにと…
「見ちゃいました?」
「ええ奥さん、いいもの見せてもらっちゃいましたよ」
不穏な影には気づかずに…

「ただいま」

荷物を下すとともに訪れる安堵感。
「やっぱり家が一番いいなぁ」
今の格好をしてるからだろうか?
妙に緊張していたものが解放された気がする。

それにしても…この身体は休み中にもとに戻るのだろうか?
夕凪に聞いてもわからないというし…

「なるようにしかならないぞ」

という意味深な霙姉さんからの励ましを受けながら
僕の夏休みは少しずつ、終わりを迎えようとしていた。
スポンサーサイト
-->
プロフィール

青葉 蒼衣

名前::青葉 蒼衣
(青葉蒼衣とか羽月紗稀とかいう人)



うぉぉぉぉぉ麗ぁ♥♥♥
痴漢はしないぞ!痴漢は。
だめ!絶対!


簡単な設定などは
こちらをみてください。


埼玉というブタ箱に監禁されていましたが釈放されました
※現在九州監禁中です。

(o・θ・o)ぐぇー
#帰りたい

カテゴリー
BabyPrincess (22)
SS (16)
麗メモ帖 (15)
麗日記 (19)
聖典G's (12)
イベント (23)
その他 (22)
自殺絵 (2)
未分類 (0)
旅行? (8)
ルーンファクトリー (5)
鉄道模型 (4)
どうぶつの森 (6)
最近の記事
BabyPrincess関係リンク1
BabyPrincess関係リンク2
なんとなく
count
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。